企業情報

健康経営

「健康経営優良法人2021」に認定されました

一財)近畿健康管理センターは、2021年3月4日、経済産業省および日本健康会議が共同で優良な健康経営を実践している法人を認定する「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。

健康経営優良法人2021

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業の法人を顕彰する制度です。

KKC健康経営宣言:健康経営キックオフにあたって

KKCは、昭和48年(1973年)の設立より、人々の疾病予防及び健康増進活動を促進し、健康管理の向上に寄与すべく事業を展開してまいりました。今後も、お客様一人ひとりの「生涯健康管理」を支え、社会に求められる企業として、健康寿命延伸を目的とした予防医療サービスを展開していきますが、そのためには従業員一人ひとりが活き活きとした人生を送ることが重要と考えます。

KKC健康経営宣言

KKCは、かけがえのない人財である従業員の健康づくりを応援し、
一人ひとりが元気であり続けられる組織づくりを目指しています。
そして、「健康」のプロとして、
我々一人ひとりが社会の皆さまのお手本となることこそが責務と認識し、自らを律し、
「診る健康から創る健康」を合言葉に
生涯健康づくりに邁進することを従業員と共に宣言します。

理事長 木村隆

KKC健康8ヶ条

私たちは健康管理のプロとして、健康8ケ条を実践し、心身の健康増進に取り組みます。

  • 食生活─腹八分目 適量飲酒
  • 身体活動・運動─歩け 歩け 歩け
  • 禁煙─始めよう 続けよう 広めよう
  • ストレス解消─ため込まず適度に発散
  • 睡眠─正しい知識で十分な眠り
  • 予防歯科─目指せ8020
  • コミュニケーション─明るい挨拶からはじまる人間関係
  • ワークライフバランス─自分らしくイキイキと

推進体制

代表理事 理事長を健康経営最高責任者とし、「健康経営キックオフ」宣言を行いました。また、各事業部・本部より選任したメンバーで構成した「健康経営推進事務局」を設置し、経営会議メンバーを含む全社協議会と各事業部・本部委員会連携のもと、従業員の健康増進とそれに関連する職場環境や制度の改善に取り組んでいます。

「健康経営®」はNPO法人健康経営研究所の登録商標です。