健康診断・人間ドックを受けたい

大腸CT検査

大腸CT検査

2019年6月より、大腸CT検査を導入いたしました。

(KKCウエルネス新大阪健診クリニック)

大腸CT検査

KKCの大腸CT検査

KKCウエルネス新大阪健診クリニックでは、大腸CT検査をご用意しました。
検査の結果、専門医の受診が必要な場合は、画像データや紹介状を同封いたします。

大腸CT検査とは

大腸CT検査とは、内視鏡を使わない大腸検査です。大腸を炭酸ガスによって拡張させ、マルチスライスCT装置を用いて撮影することで大腸3次元画像を簡単に得ることができます。内視鏡検査と比較して苦痛が少ないと言われ、短時間で検査することが可能です。

大腸がんにかかる人は、40歳から増加

日本での大腸がん(結腸がん、直腸がん)は女性の部位別がん死亡率第1位、男性では第3位となっています。

しかし、大腸がんは早期発見・早期治療により完治しやすいがんです。大腸がんは早期の段階では症状を自覚することがありません。早期に発見するために40歳以上の方は定期的に検診を受けることが勧められます。

主な部位別がん死亡数(2017年)
国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」より
  1位 2位 3位
男性 大腸
女性 大腸 膵臓
男女計 大腸
主な部位別がん死亡数(2017年)
長所 短所
  • 短時間(約10分程度)の検査
  • 体外からの撮影であるため苦痛が少ない
  • 体外からの撮影であるため、病変の色や固さの情報が得られない
  • 大腸内視鏡の挿入が困難な方でも検査が容易
  • 組織の採取ができないため、異常が検出された場合は大腸内視鏡を受けることが必要
  • 他の大腸検査で問題となる合併症が極めて稀
  • 医療被ばくがあるため、妊娠の可能性がある方は検査を受けることができない
  • 3次元的に観察できるため、大腸全体像や病変の形状を正面に把握可能
  • 平坦な病変や5mm以下のポリープ様病変の抽出精度は大腸内視鏡に比べて劣る

ご案内と受診の流れ

●大腸CT検査 32,000円(税別)
  • 大腸CTのみ受診の場合:

    検査1週間前までにご来院いただき、検査内容の説明を受け、検査食等をお持ち帰りいただきます。

  • 健診受診時申込みの場合:

    人間ドック・生活習慣病の受診日にお申込み頂き、検査終了後、検査内容の説明を受け、検査食等をお持ち帰りいただきます。

前処置:検査前々日の就寝前に軽い下剤を服用、検査前日の朝食から検査食を食べて頂き、食事ごとに少量の造影剤(大腸CT用経口造影剤)を飲んでいただきます。検査前日の夜に下剤(マグコロールP)を服用していただきます。 検査当日に下剤を飲む必要はありません。

検査:CTの寝台に横になり、肛門から直径約1cmのチューブを10cmほど入れ炭酸ガスを注入していきます。圧が一定になるように注入され、設定されている圧を超えません。1.5~3リットル入ります。より正確な診断をするために、仰臥位と腹臥位の2体位で撮影をします。入室から退室まで15分程度です。大腸の炭酸ガスは空気の100倍以上体内への吸収が早いといわれており、10分程度でお腹は楽になります。

●次の項目に該当する方は、弊施設で受診できません
  • ある特定のペースメーカーが装着されている方
  • 妊娠中または妊娠疑いの方、授乳中の方
  • 腎機能が極めて悪い方
  • 腸閉塞、大腸穿孔の既往歴、または、疑いがある方
  • 炎症性腸疾患治療中の方
  • 大腸切除の既往、深い大腸生検の既往がある方
  • そけいヘルニアを患った方
  • 大腸憩室症を患った方
  • 遺伝性ポリポーシス、または、非遺伝性ポリポーシス大腸がん症候群の方
  • バリウム過敏症の方
お問い合わせ/KKCウエルネス 新大阪健診クリニック 予約専用TEL.050-3541-2262 予約専用FAX.06-6300-5711
FAXでお申し込みの方は、下記より申込書を出力いただき、必要事項を記入の上、予約専用FAX(06-6300-5711)へ送信ください。
FAX申込書をダウンロード